テーマは「高知県産の食材を使ったアイデア料理」

高知城ホール 学生料理コンテスト 審査結果

今年で3回目となる「高知城ホール 学生料理コンテスト」の最終審査を11月18日に開催しました。

当コンテストは、これからの高知の食を担う学生が地元の食材やそれぞれの地域で受け継がれてきた食文化などを見つめなおすキッカケを作ること。また、高校・専門学校・短期大学・大学など異年齢の学生が一緒に競い、交流することで互いに刺激を与え合う場の提供を目的としています。

高知県内の同じ学校(高等学校、専門学校、短期大学、大学)に所属する15歳以上の生徒・学生を対象に募集したところ、2校18チームの応募があり、一次審査を突破した2校8チームによる最終審査を実施しました。

どのチームも学生らしいアイデアに満ちた素晴らしいレシピであり、実技審査ではチームの仲間と協力し合いながら調理をしていたのがとても印象的でした。

このような取り組みが地元の食材を見つめなおすきっかけとなり、若者の食育や地産地消の推進につながればと思います。

最優秀賞に輝いた作品は、2018年12月〜2019年2月末まで、高知城ホールの宴会メニューとして採用いたしますので、ぜひご賞味ください。

審査結果

窪川ポーク米豚チャーシューのピリ辛あえ

調理経営1年 (高知情報ビジネス&フード専門学校)

高知県産の窪川ポークを土佐茶で煮込み臭みを取り、薄めに味を付けたチャーシューと茹でたもやしとニラをピリ辛にあえ中華風にしました。

色合いを良くするため盛り付けに菊の花(食用花)、ゆずの皮、卵黄、糸とうがらしを乗せました。

※高知城ホール特別賞は、最終審査に選抜された学生間による投票で選考しました。

米豚の茗荷焼き

世紀末覇者 拳王
(高知情報ビジネス&フード専門学校)

豚の生姜焼きをアレンジして茗荷焼きに変え、豚を米豚にしました。

海と森のレボリューション

SEA HONTER
(高知情報ビジネス&フード専門学校)

高知県の県魚として知られている鰹を使った揚げ物料理です。

中に挟んだ食材にも高知県内で作られているトマト、大葉、甘とうをそれぞれ鰹と組み合わせ春巻きの皮で包みました。

添え野菜のハート型にカットしたパプリカやフルーツトマトも彩りよく盛り付けました。

見た目にも楽しめる料理です。

パンフレットダウンロード

パンフレットダウンロード

「高知城ホール 学生料理コンテスト2018」のパンフレットダウンロードはコチラから

これまでの「高知城ホール 学生料理コンテスト」の審査結果はコチラから

HOME|料金案内|予約状況|施設利用案内|本財団の概要|個人情報保護ポリシー|お問合せ|もどる
一般財団法人 高知県教育会館 高知城ホール
〒780-0850高知県高知市丸ノ内二丁目1番10号
TEL088-822-2035FAX088-822-2037
(10,400,119 - 942 - 1,574)
Copyright(C)2018KOCHIJYO HALLAll Rights Reserved.